自分だけは大丈夫と思ってない?30を過ぎたらしたい加齢臭対策

30を過ぎたら加齢臭対策をしましょう!と私は声を大にして言いたいです。

その理由は、大半の人は自分の加齢臭に気づくことができないから。

「臭ってきたら対策しよう」

なんて思っているあなたは危険ですよ!

だって、待っていたって臭ってこないから。

周りの人に自分の加齢臭で迷惑をかける前に、自らしっかり対策をしていきましょ!

 

加齢臭っていつから臭いだすの?どんな臭い?

 

一般的には加齢臭がし出すのは、30歳を過ぎたころからなんて言われることが多いですが、正直なところ人によってバラバラのようです。

30代で臭い出す人もいれば、40代になっても臭いが発生しない人もいます。

加齢臭の原因となっているのは、皮脂。

体内から分泌される脂ですね。

この皮脂が酸化することによって、ノネナールっていう加齢臭の元になるものが生まれるわけです。

 

加齢臭の臭いはよくこんな風に表現されます。

・一晩放置した天ぷらの臭い

・腐ったチーズの臭い

・古本の臭い

 

色々な表現のされ方はありますけど、なぜか一番しっくりくるのが抽象的なこの表現。

おっさんのにおい

 

悲しいかな、【加齢臭=おっさん】が世間一般のイメージです。

どんなに身だしなみに気をつかっていても加齢臭がした時点で負けということですね。

 

そんな加齢臭の最も厄介なところは、本人はその臭いに気づかないところです。

まわりはウっ・・と鼻を塞ぎたくなる臭いでも当の本人は何も感じていません。

それは、人間の鼻が自分のニオイを感じないからなんです。

 

自分のニオイを感じることができない理由はただ一つ!

鼻がその臭いに慣れてしまって麻痺しているから。

(この状態のことを嗅覚疲労と言います。)

ずっと同じニオイの中にいると、そのニオイに対して鼻が反応しなくなってしまうんですね。

 

どうしても自分の加齢臭を嗅ぎたい!って人は次の方法を試してみて下さい。

 

・耳の後ろを強めに何度かこすってニオイを嗅ぐ

・お風呂上りなどに自分の枕のニオイを嗅ぐ

 

耳の後ろは加齢臭の原因となる皮脂の分泌が多い場所です。

指先でこすることで臭いが増幅されるので、自分でもそのニオイを感じることができます。

枕のニオイをお風呂上りに嗅ぐ理由は、一旦鼻をリセットするため。

お風呂の中の水蒸気で鼻がいったんリセットされた状態で枕のニオイを嗅いでみて下さい。

いつもとは違うニオイを感じることができるはずです。

 

加齢臭対策に使いたい人気のフレグランスクリーム

 

加齢臭対策はいくつもありますが、正直時間もかかって面倒なことばかり

・生活習慣を見直す

・食生活に気を付ける

正直、こんなことを当たり前のように書かれるとウンザリしませんか?

 

そこで、誰でも簡単に当日からできる加齢臭対策商品を紹介します。

プラウドメン・グルーミングバーム

内容量:40g

価格:2,873円(Amazon)

 

この商品は、いわゆるニオイでごまかすタイプの商品です。

クリームを塗りこむことで、加齢臭のキツイ臭いのかわりにほんのりいい香りをさせることができます。

 

注意しなければいけないのは、これを塗り続けていくことで加齢臭が消えるわけではないということ。

もう一度言いますが、塗ることで加齢臭のニオイをごまかすための商品です。

加齢臭を消すための薬ではありません。

何年使用を続けても、塗るのを忘れた日は加齢臭が発生します。

 

この商品の人気のポイントは、嫌みな香りではないこと。

たとえ加齢臭を防ぐことができても、その代わりに香水のようなキツイ香りがしたのでは意味がありません。

嫌みがない程度にほんのり香るところがこのクリームの良い所です。

香りの強さを表すとすれば、衣類の柔軟剤程度の香りです。

といっても、最近たまに問題になったりするキツ過ぎる柔軟剤の香りではないですよ。

あくまで、近づいた時にだけほんのり香る程度のやさしい香りです。

だから、会社につけて行っても全然問題ありません。

 

ただ、ちょっとネックなのは価格が高いことですね。

耳の後ろなどにちょっとつける程度であれば数カ月は余裕で持ちますが、わきの下や胸、首元など広範囲に使ってしまうとコスパ的にはかなり厳しいことになってしまします。

 

口コミの中でも「高い」とレビューしている人が多いです。

でも、これってある意味この商品の実力の凄さを表していますよね。

だって、多くの人が「高い」と思いながらも購入を続けているわけですから。

 

と、色々と語ってきましたが加齢臭対策に使うにはプラウドメン・グルーミングバームはとてもおすすめの商品です。

この商品を使い始めてから、奥さんに「加齢臭がしなくなった」と言ってもらえた方がAmazonレビューの中だけでも大勢います。

 

・人は自分の体臭に気づくことはできない

・体臭などのデリケートな問題は、なかなか本人に指摘することはできない

 

これらは紛れもない事実。

どうやら体臭対策は、自ら率先してやっていくしか方法はなさそうですね。

 

「〇〇さん、おっさん臭いよね」

こんなことを陰で言われる日が来ないためにも、加齢臭対策は必然です。